債務整理、これだけは知っておきたいQ&A5つ

弁護士事務所
借金の返済が苦しくて債務整理を考えているけど、債務整理ってどういうことなのか正直よくわからない。

そんなあなたのために、債務整理について、これだけは知っておきたいことを5つのQ&A形式でまとめてみました。

何はともあれ、まずはざっくりと目を通して、債務整理の全体について把握してみてください!

そもそも債務整理ってどういう意味?

『債務整理』とは、借金の返済に苦しんでいる人を助けることが目的の、借金を整理する方法のことです。その方法は3種類あり、『任意整理』や『民事再生』、『自己破産』などがあります。他には払いすぎてしまった利息を取り戻す『過払い金返還請求』というものもあります。どの方法をとっても、法律家に依頼した後より借金の返済や取り立てを止めることが可能になります。

『債務整理』には種類があると上述しましたが、借金の問題を抱える人にもそれぞれの考え方があったり事情も異なるものです。例えば、借金を全額すっきりさせたい人もいるでしょうし、幾らか整理して、それ以外は自力で完済まで頑張って返済をしようという人や、自宅をそのまま残したいと言う考え方の人もいるなど様々なのです。

このように、自分に合った借金の整理方法が選べるのが、『債務整理』の特徴です。そのためには、『債務整理』の種類の詳しい内容を把握した上で、方法を決めることが大事と言えます。

任意整理ってどんな手続きのこと?

裁判所を通すことなく、借金の額を減らすことができる『債務整理』の方法が、『任意整理』です。

現在では、消費者金融などに払いすぎた利息がある場合に、再計算をすることによって、借金を減額することが可能なのです。破産することなく借金を整理できるのが、『任意整理』です。

方法としては、司法書士などが債務者に代わって債権者と返済方法や返済額等について交渉し、債務者が支払えるように条件を調整して合意させます。『債務整理』の中で特に多く利用されている方法となります。

『任意整理』のメリットは、一部の業者分のみ整理できることが言えるでしょう。また、これから先の利息が免除になる可能性があるので、完済も早くできるでしょう。

それでも、『任意整理』をするとブラックになってしまうので、5年間新たな借入ができなくなります。また、近頃では『任意整理』を受け入れてくれない業者もあるということを覚えておきましょう。

また、借金の件数や数によって適する方法も変わるので、まずは法律の専門家にいち早く相談することが大事です。

特定調停って何?

『特定調停』は『債務整理』の種類の一つであり、借金の返済が困難になってきている債務者を、経済的に立ち直らせることを目的としています。これは、簡易裁判所を経由して負債を少なくするという手続きになります。

施行されたのが平成12年と割と新しい『債務整理』の手法です。簡易裁判所を通して行う『任意整理』とも言える方法であり、利息制限法に基づいて計算しなおし、債務者が3年ほどで返済できるかどうかがポイントとなります。

『特定調停』は、法律のことに詳しくなくても行えるものなので、もし弁護士に依頼するお金の余裕がないという場合にも裁判所に申し立てることができます。

『任意整理』と違うところは、債務者と債権者の調整を裁判所が行うことです。調停が成立した場合には調停調書が作られます。この調停調書は確定判決と同じくらいの力があるので、調停が成立してから、債務者が返済不可になった場合には裁判を起こすこともなく、債権者は債務者の給与を差し押さえたりすることが可能になります。

調停が成立したとしても、きちんと地道に返済をしていく必要があるということです。中には、特定調停に非協力的な債権者もいることを覚えておきましょう。

個人再生とは?

『個人再生』は、自己破産をしたくはないけれど返済を続けていくことが困難な場合に用いる『債務整理』の手段です。2001年に始まった、持ち家のある人のためにつくられた制度です。

『小規模個人再生』という種類では、継続した安定収入(年金受給者も可)が見込まれ、債権が5000万円以下であれば利用できます。ただし、返済の計画について債権者の半数以上が納得し、その納得した債権者からの債務が、債務総額の半分以上であることが条件です。

『給与所得者再生』は、『小規模個人再生』の条件を満たしている上に、定期的に収入を得ていて、その定期収入の額変動が年収において20%以内であることが必要です。『給与所得者再生』の場合は債権者が納得しなくても手続きができます。

この手続きは、保証人になっていないのであれば、家族に影響はありません。それに、自宅も手放す必要もないのです。債務が1/5に減額されるので、返済の厳しさは緩和されるでしょう。手続きが開始されると、債権者は差し押さえなどの強制執行ができなくなります。ただし『個人再生』をすることは、ブラックになるのだということも忘れてはいけません。

自己破産って簡単に言うと?

『自己破産』は、裁判所に『破産申立書』を提出して免責が認められると借金の全てを免れることができる方法です。

財産がある場合には破産をすることができません。財産がない上に返済ができない場合、債務者がどれだけ借金をしているかや、収入、そして資産などが考慮され、自己破産をできるかが決まるのです。

『自己破産』は本人のみの問題なので、家族に迷惑がかかることはありません。さらに、『自己破産』をしたとしても、それ以降に得た財産については本人が好きなように使うことができます。

『自己破産』と言うと、失敗者のレッテルを貼られるような気がするかもしれません。しかし、国が借金に困っている人を助けることを目的として作った制度ですので、破産後も自身の生活を十分に立て直すことのできるものなのです。

ただし、『自己破産』をするとローンを組めなくなるなどのデメリットも生じます。免責になった後は10年間ブラックとなってしまうからです。よって、『自己破産』をするとお金を借りることができなくなるので、お金は全て自身の収入から賄わなくてはいけなくなります。


さて、ここまで読んでみて、債務整理について大体のことは理解できたでしょうか?

次にしないといけないことは、あなたの借金を整理するために相談できる法律事務所を探すこと。

当サイトでも、まずは無料で相談ができる法律事務所の情報をまとめています。ぜひ参考になさってくださいね。


借金解決 最後の打ち手

厳選!!法律相談サービス特集

このページの先頭へ