債務整理の手続き前に気になる5つの素朴な疑問

借金悩む女性
債務整理をすることに決めたけど、実際に手続きする前に気になることが次から次へと出てきた・・・

法律事務所に相談すればすぐに解決するのはわかっているけど、なかなか聞きづらい。

そんな素朴な疑問について、わかりやすくまとめてみました。

借金の返済義務を免れる「債務整理」、そのデメリットを教えて?

『債務整理』をすることのデメリットは、どういった点があるのでしょうか。それは第一に、ブラックになってしまうということです。

『債務整理』の種類である、『任意整理』や『個人再生』、『自己破産』などをした場合には、全て個人信用情報機関に登録されてしまいます。新たな借入が一定期間できなくなるということにもなります。

『任意整理』は5年ほど、『個人再生』については7年から10年、『自己破産』も7年から10年ほどブラックとなります。さらに、『個人再生』や『自己破産』をした場合には、『官報』という国で出している新聞のようなものにも記載されることも忘れてはいけません。『官報』には、『自己破産』等をした申立人の氏名や住所などの情報が載ることになります。闇金業者は、この情報をチェックしていますので、連絡が来るようになる可能性もあり、十分に気を付けなければいけません。

また、もし借り入れていたお金に保証人がいる場合には、その保証人となっている人に影響がでることがあるでしょう。『自己破産』などの場合は保証人に請求が届きますし、『任意整理』であっても、保証人に請求されることになります。

しかし、『任意整理』の場合だと保証人も『任意整理』をすると返済をする必要はなくなります。とは言え、『自己破産』や『個人再生』だと保証人が返済をしなければいけなくなるでしょう。

『自己破産』を申し立て、免責が決定するまでの間は、警備員や保険の外交員などの仕事に就くことができなくなります。20万円以上の価値のある財産や99万円以上の現金については、処分されてしまいます。

債務整理をすれば貸金業者の取立は止まるの?

債務者が『債務整理』をしようと弁護士に依頼をすると、債権者である業者には『受任通知書』が送付されます。債務者が弁護士に依頼をしたということを債権者に知らせるためです。

債権者が『受任通知書』を受け取った後は、債務者について直接取り立てを行うことが『貸金業法』によって禁止されています。よって、弁護士に『債務整理』を依頼すると『受任通知書』によって債権者は取り立てができなくなるということになります。

業者が『貸金業法』に違反して取り立てをした場合には、2年以下の懲役か300万円の罰金刑が科されることになります。さらに、行政処分である、業務停止命令が出されたり貸金業の登録が取り消しになる場合があります。もしも、弁護士に依頼をした後で『受任通知書』が送られているはずにもかかわらずに取り立てをされた場合には、すぐに弁護士に相談しましょう。

弁護士は、依頼を受けたその日のうちか次の営業日には『受任通知書』を送付します。前述のように債権者に通知が届いて受理されると、基本的に取り立ては止まるでしょう。封書で発送した場合はすぐに届かないことも考えられるので、受理され次第取り立ては止むでしょう。中にはFAXで『受任通知』を送る弁護士もいるので、そのケースではその日のうちに取り立てが止まることになります。

ただ、FAXの場合は文書を偽造されてしまう可能性がないとは言えないので、そういったことを防ぐ意味で、郵送で送っている弁護士も多くいます。

弁護士に借金整理の依頼をしても借金返済の義務はあるの?

借金の返済に苦しくなって、債務整理を弁護士に依頼することがあります。しかし、弁護士に債務整理を依頼しても、借金は返済しなくてはいけないのでしょうか。

債務整理には幾つか種類があり、それによって返済しなければいけないか、免除になるかが異なります。返済をしなくても良くなる方法がある一方で、債務整理をしても返済をしていかなければいけない方法もあるということです。

返済が免除になるのは『自己破産』です。申し立てが認められれば、リスクはあるものの借金は帳消しになります。

反対に整理後も返済をする必要があるのは、『任意整理』などです。この方法では、原則では金利はカットとなり、元金(借りた分のみ)だけ3年ほどの計画で返済していくことになります。

『民事再生』においては、家などの財産を残しながら減額となった借金を3年の年月をかけて分割で返済していきます。減額となった借金を払い終えれば、住宅ローン以外は返済しなくても良くなるでしょう。

『特定調停』という方法では、借金の返済ができなくなりそうな状態の人が申立てることで、債務者と債権者の話し合いを簡易裁判所が仲裁することにより、返済の条件などが緩和されるようにしていきます。借金をしている人が、借金を整理することで普段の生活を回復させることがねらいとなっています。再び借金を計算し直して、利息を引いた元金のみを返済していくことになります。

債務整理をするとしても、全ての方法において借金を免れることができるわけではないということを、覚えておきましょう。

借金の一本化するメリットとデメリットを教えて?

借金を一本化することは、『おまとめローン』を利用するなどによって可能です。返済も楽になり良いことづくめの様な気持ちになるのではないでしょうか。では、借金を一本化するメリット・デメリットとはどういったところにあるのでしょうか。

まず、一つめのメリットは、返済日を一つにすることができるので、返済で混乱することがないということです。管理もしやすくなるのも利点です。どういった目的で一本化するのかや借金の内容でも変わってくるものの、通常ですと毎月の返済額も減らすことができます。

また、現在借り入れ中の借金よりも低い金利か同程度の金利で一本化することも可能です。幾つも返済先を抱えているよりも返済にかかる期間を短くすることができますし、返済の総額も少なくできます。

ただ、デメリットとして、上記の返済総額や返済期間を短くすることができるということの逆のパターンもあることを覚えておきましょう。月々の返済額を減らしたいからといって、額を抑え過ぎると、その分返済期間は延び、金利が付くので総返済額も高くなってしまうことがあるのです。一本化での返済計画を立てる際には、返済額や期間が増えない様に、これから先のことも見越して考える必要があるということです。

さらに、他のデメリットでは『おまとめローン』の審査は厳しいという点があります。『おまとめローン』を借りたいということは、複数社の借金を背負っていることになり、多額のお金を借りることになるからです。そして、借金を一本化する時には借金が減ったような感覚になり、また借金をしてしまうという点には十分注意をしなければいけません。

家族にばれることなく債務整理できるの?

家族に内緒で借金をする場合もあるでしょう。しかし、返済に困った場合に、家族にも相談できずにさらに困ったことになりかねません。そうなった場合に、もし債務整理するとなった時には家族にばれることなく済ませることができるのでしょうか。

債務整理といっても、幾つか種類があるので、それによってもばれるかどうかが変わってきます。任意整理の場合だと、依頼先の弁護士などの協力を得られれば、ばれることを防ぐことができるでしょう。借金の中に家族が保証人になっているものがあると、弁済に関する通知が家族に届きますが、任意整理だと整理する借金を選択することが可能なので、家族が保証人になっている借金を整理しなければ、ばれる心配はないでしょう。

個人再生や自己破産の場合は、裁判所を通しての手続きとなっていることから、家族に内緒にすることは難しいと言えます。最終的には明るみになってしまうことなので、あらかじめ明かしてしまうことが賢明かもしれません。

また、個人再生や自己破産は『官報』に載ることになりますが、一般の方が読むことはあまりないので、『官報』を通して家族にばれることはまずないでしょう。それでも、債務整理をすることは、これからの生活についてや借金の返済(任意整理や個人再生などの場合)について、家族にも協力をしてもらうことが必要である場合があることを、覚えておかなければいけません。

さらに、万が一債権者側に提訴されてしまうと、訴状が自宅に届くので、家族の目に留まることが考えられるでしょう。よって、債務整理の事実を隠したいかもしれませんが、結局は家族に話すことが得策だということなのです。


債務整理の手続き前によく聞かれる5つの質問にお答えしてみましたが、いかがだったでしょうか?

まだまだ他にも聞いてみたいことがたくさんある。そんな方には、匿名でも気軽に相談ができる無料の法律相談サービスを使ってみるのがお勧めです。

このサイトでも、安心して相談ができる法律事務所をご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。


借金解決 最後の打ち手

厳選!!法律相談サービス特集

このページの先頭へ